メニューを飛ばして本文へ

  • 背景色変更
  • 背景色変更:1
  • 背景色変更:2
  • 背景色変更:3
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

只見町山村教育留学制度

制度案内・各種資料

只見町山村教育留学生になるためには?

  • 町外から親元を離れ、ユネスコエコパークに認定された只見の雄大な自然の中で自立し、のびのびと自分を試してみたい生徒が只見町山村教育留学生となります。
  • 町で行う只見町山村教育留学制度の選考に合格し、また只見高等学校の入学試験に合格することが必要です。
  • 保護者だけでなく、生徒自身が只見高等学校に通いたいと思っている方が対象です。

募集内容

   基本的に只見高等学校受験生を対象とし、留学期間は高校の3年間です。

留学の時期、人数

   時期:毎年4月1日~
   人数:概ね20名程度を予定(高校生のみ)

自己負担

   入寮費、設備費、光熱水費などは、町からの補助により一切ありません。
   毎月の寮費として約35,000円程度(※食材費用の実費のみ。)のみ、納入いただきます。
   内訳は、朝:330円、昼:400円、夜450円となっておりますが、欠食届の申請をした場合、その分差し引きになります。
    ※消費税増税等により、変更となる場合があります。

その他

平成28年度、奥会津学習センター増設、男子寮と女子寮に分離!

住宅について

  • 山村教育留学生は、町営の寮「奥会津学習センター」で生活することになります。只見の大自然を満喫できる見晴らしの良い高台にあり、町から委託を受けたスタッフが常駐して寮生の生活支援、設備管理をしています。(入寮申込者が多数の場合、奥会津学習センターと同程度のご負担で下宿制度もご利用いただけます。)
  • また、「奥会津学習センター」には、教員住宅も併設されており、高校の教職員も居住しています。
  • 奥会津学習センターはスタッフが交代で常駐しており、土日祝日も利用することができます。
  • 寮が閉鎖されるのは、お盆期間(8月13日~16日)と、年末年始(12月29日~1月3日)のみ。この期間は寮に出入りすることができません。そのため、閉寮期間中は帰省していただくことになります。GWや春休みは、本人の希望により奥会津学習センターに残ることができます。

帰省時の費用補助について

  • 年4回GW、夏休み、冬休み、春休みの各長期休暇期間に一回ずつ、往復の帰省費補助を受けることができます。南会津地域へ帰省する場合は、事前の申込みにより町で準備する無料の帰省用バスが利用できます。遠隔地(南会津地域以外)への帰省の場合、帰省先最寄りの駅から只見駅までの交通費の補助を往復で受けることができます。(ただし、公共交通機関の領収書と引き換えになります)

山村教育留学制度の申込み、及び只見高校入試までの大まかなスケジュール

申 込 本人・ご家族様が現在通っている中学校を通し、只見町教育委員会へ申込み〈11月中旬~11月末〉

選 考

選考委員会にて、只見高校受験前に留学生の選考を行います。(※書類選考と面接)

 面接は、只見町にて12月中旬に実施します。

合 否 只見町教育委員会が選考結果に基づき申込者に通知します。 (12月中旬以降の通知になります。)
不合格の場合、学習センターに入寮することはできません。
受 験 只見高校入学試験を受験(前期、後期選抜試験)します。〈前期3月上旬・後期 3月下旬〉
決 定 山村教育留学制度合格者、かつ只見高等学校合格者(入学者)が、只見町山村教育留学生として決定となります。〈3月下旬〉