• 背景色変更
  • 背景色変更:1
  • 背景色変更:2
  • 背景色変更:3
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

只見町山村教育留学制度

よくある質問

お問い合わせをいただく中で、よくある質問をピックアップ

Q1.奥会津学習センター(寮)からの通学手段はなんですか?また、距離はどのくらいありますか?

A.冬以外は自転車か徒歩、冬は徒歩での通学となります。距離は約2,3kmで、徒歩の場合約25分、冬だと30分から40分程度かかります。道路は除雪されますが、長靴が必要です。

Q2.留学生は休日に何をして過ごしていますか?

A.部活動や、周辺に住む友人と遊んだり読書をしたり皆さん思い思いの事をして過ごしています。また、奥会津学習センター(寮)には受験サプリを使い学習することのできるパソコンが設置されておりますので、それを利用し勉強している生徒もいます。お祭りや、文化祭、運動会など町内のイベントなどに参加する生徒もいるようです。

Q3.奥会津学習センター(寮)でかかる費用はどのくらいですか?

A.入寮費や光熱水費はかかりません。食費の実費のみかかります。食費は朝330円、昼400円、夜450円でひと月(30日)食べた場合は、35,400円になります。部活動の遠征や土日に帰省する生徒などがおりますので、在寮生の平均は約30,000円程度です。(※消費税増税に伴い、金額に若干の変動がある場合がございます。)

Q4.下宿の場合、費用はどのくらいかかりますか?

A.食費は奥会津学習センター(寮)と同様です。その他の費用は無料です。下宿には只見高校雪椿会より別途費用が支出されています。

Q5.県外の生徒は他の公立高校の不受験証明書を受験時に添付しなくてはならないそうですが、留学生の選考に外れた場合も他の公立高校は受験できないのですか?

A.いいえ。只見町山村教育留学制度の選考に合格してから、不受験証明書を申請しても間に合いますので、只見町山村教育留学制度の選考に外れた場合には、他県の公立高校を受験することは可能です。

Q6.寮生会とはどのような組織ですか?

A.中学校や高校にある生徒会のような組織です。留学生が充実した生活を送るために組織した自治的組織です。様々なイベントや、奥会津学習センター(寮)行事の企画・運営、ルールなどを自分たちで話し合い決めています。

Q7.「T.S.farm」とはなんですか?

A.只見町にある耕作放棄地を利用し、只見町山村教育留学生が農作物を栽培する取組みです。現在は只見駅裏にある耕作放棄地を利用して、様々な農作物を栽培しています。そこで栽培した農作物を只見町観光まちづくり協会などで販売し、得た収入や収穫した農作物を使って季節のイベントや歓迎会などを実施しています。

Q8.海外短期留学の費用や期間はどれくらいかかりますか?

A.10万円です。平成27年度はイギリスのケンブリッジへ生徒を派遣しました。平成28年度はカナダのバンクーバーへ、多数の応募者の中から2名の生徒が夏期長期休暇中の2週間、海外留学へ行きます。

Q9.山村教育留学制度の選考基準はありますか?

A.ございます。選考基準や応募方法の詳細はリンク先の「平成29年度山村教育留学生選考基準」「平成29年度只見町山村教育留学生募集手続要項」などをご確認ください。

Q10.部活遠征費用補助はどんな内容ですか?

A.遠方で大会が行われることが多いため、保護者様の交通費や宿泊費の負担を軽減するために実施しています。補助率は、地区大会(会津)50%、県大会90%、東北大会以上は約100%となっております。

Q11.受験サプリとはなんですか?

A.パソコンやスマートフォン等でできるインターネットを利用した通信講座です。通常各個人のご家庭で利用されていますが、只見高校では学校単位で実施しており、教員が進捗状況などを確認し指導しております。奥会津学習センター(寮)内でも利用できる環境になっております。

Q12.帰省定期便・帰省費補助とはどんなものですか?

A.山村教育留学生が帰省するときの費用を補助するものです。南会津郡内はバス等で自宅付近まで送迎します。さらに遠方の方は、JR只見線を利用していただいて、主要な自宅付近の駅までの電車代の往復費用を補助する制度です。例えば千葉県柏市の方の場合、只見駅から上野駅までの乗車券・特急券分が対象となります。帰省定期便・帰省費補助は年4回(GW、夏休み、冬休み、春休み)実施しております。なお、奥会津学習センター(寮)や下宿はお盆、お正月に一定期間閉鎖となります。

Q13.病気やけがをした場合はどうすればよいですか?

A.奥会津学習センター(寮)や下宿先で病気や怪我をした場合は、管理人又は教育委員会職員が病院に搬送します。学校で病気や怪我をした場合は、教員又は管理人、教育委員会職員が搬送します。奥会津学習センター(寮)で感染性の病気になってしまった生徒は、基本的に会津地区の方は迎えに来ていただき、自宅で療養していただきます。遠方の方で迎えに来られない方の場合は看護室で休養します。重大な事故や緊急時には、救急車やドクターヘリで会津若松市の病院に搬送されます。

Q14.生活用品等は購入できますか?

A.奥会津学習センター(寮)から学校までの間に、郵便局、銀行、スーパー、本屋、文房具店、お菓子屋、自転車屋、歯医者、運送屋などがありますので、一通りのものは、通学路付近のお店で購入できます。スポーツ用品等は取り寄せでの購入となります。

Q15.インターネットはできますか?

A.各部屋で使用することはできませんが、1階の学習室にはパソコンが備え付けられておりますので、用途は限定されますがご利用いただけます。用途は進路検索、受験サプリ等です。また、プリンターも設置されておりますので、大学や企業の情報、受験サプリの問題などを印刷することもできます。

Q16.雪はどのくらい降りますか?寒さはどのくらいですか?

A.例年ですと12月から降り始め、3月上旬頃にピークを迎え、多い年で3mほどになります。寒さは、マイナス10度程度になる時がありますが、2月の平均は0度程度です。奥会津学習センター(寮)内には温水がパイプを伝い流れていますので、外がマイナス気温であっても暖かいです。

Q17.食費の支払方法は、どうなりますか?

A.毎月口座から引き落としとなります。

Q18.貴重品はどのように管理すればいいですか?

A.各部屋に鍵付きの小型ロッカーが設置されておりますので、それで保管いただきます。各自生徒がしっかり管理することになります。

Q19.問題行動を起こした時はどうなりますか?

A.どんなに遠方でも保護者様に来ていただき、一緒に指導することとなっております。事情聴取や処分等は高校と教育委員会とが連携して決定しております。

Q20.進学後の子どもの様子を、遠方からでも知る方法はありませんか?

A.毎月高校からは『雪椿』、只見町からは『広報只見』、教育委員会からは『極上の留学生だより』をご実家に郵送しております。『極上の留学生だより』では「今月の留学生」という題で毎月数名の山村教育留学生にコメントを書いてもらい、その月に取った写真とともに掲載しております。また、只見町のHPやフェイスブックの更新も行っております。