文字サイズ

背景色

ふりがな

なし あり

雪むろまつり

雪むろ
 只見町は国内屈指の豪雪地帯で、毎年2~3メートルの積雪があります。この雪を使って2月に開催している「只見ふるさとの雪まつり」では雪像などを作成します。その雪まつりで使った大量の雪を更に利用して雪むろをつくり、 酒(ねっか、日本酒、どぶろく)、米、そば、味噌、野菜などを約3ヶ月貯蔵しました。
 雪むろは、通年を通して約0℃、湿度90%前後の低温・高湿度に保つことができます。湿度の低い冷蔵庫と比べ、鮮度が保持されおいしさも維持されます。また電気設備も必要ないのでコストパフォーマンスに優れています。

雪むろTOP



<第5回雪むろまつりを開催します!!>

  • 日時:令和元年6月16日(日)
  • 場所:只見駅前広場


<雪むろ制作風景>

<

<過去の雪むろまつりの様子>
雪むろ中に入れておいた只見のお酒「岩泉」、どぶろく、南郷トマトジュース、お米、もち米、野菜、そば、味噌は試食・試飲コーナでふるまいたくさんの列ができていました。中でも「岩泉」は、雪中貯蔵酒ラベルが貼られ試飲も大人気でした。