• 背景色変更
  • 背景色変更:1
  • 背景色変更:2
  • 背景色変更:3
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

只見町山村教育留学制度

中学生へのメッセージ

只見高等学校を卒業した山村教育留学生の先輩方からのメッセージ

中学生へのメッセージ中学生へのメッセージ中学生へのメッセージ

※)記載されている学年・年代は掲載当時の物です。

関 桜 さん

只見町山村教育留学生第12期生(平成28年3月卒業)
〈東京都 台東区立浅草中学校卒業〉

高校生活はあっという間に終わってしまいます。只見高校の先生はとても優しく、一対一で放課後や昼休みに勉強を教えてくれます。友達だけではなく、先生とも仲良くしてください。また、部活動と勉強の両立だけではなく、家の手伝いもやってください。充実した学校生活を送って、やりたいことに挑戦していってください。

椿 力也 くん

只見町山村教育留学生第12期生(平成28年3月卒業)
〈新潟県 魚沼市立入広瀬中学校卒業〉

生活に慣れない時は、学校を辞めたくなることがあると思いますが、最後にはこの学校に来て良かったと思えるので、ぜひ只見高校に来てください。

室井 拓斗 くん

只見町山村教育留学生第12期生(平成28年3月卒業)
〈福島県 下郷町立下郷中学校卒業〉

冬場はとても辛いですが、自分自身の成長につながると思うので、ぜひ只見高校に入学して、楽しい充実した高校生活を送ってください。
只見の方々、3年間お世話になりました。有難うございました。

星 奈々子 さん

只見町山村教育留学生第12期生(平成28年3月卒業)
〈福島県 南会津町立舘岩中学校卒業〉

只見高校には他校にないこともありますが、その分只見にしかないこともいっぱいあると思います。こんな田舎だからと思わず、ぜひ只見に来て、見て、触れて、感じてほしいです。そしたら、きっと只見が「第二の故郷」となるはずです。多くの人に只見に来てもらいたいです。

福田 みるく さん

只見町山村教育留学生第12期生(平成28年3月卒業)
〈福島県 南会津町立舘岩中学校卒業〉

これから、きっと寮の規則がたくさん出ると思うので、規則を乱さないような生活をしてください。

田中 梨子 さん

只見町山村教育留学生第12期生(平成28年3月卒業)
〈千葉県 柏市立富勢中学校卒業〉

「俺・私は山村教育留学生だから特別なんだ」などとは思わないでください。留学生として寮生活が出来るのも、只見に居れるのも町民の皆さんの協力があるからです。どうか、常識の中で只見の生活を楽しんでください。

君島 祐哉 くん

只見町山村教育留学生第12期生(平成28年3月卒業)
〈福島県 南会津町立荒海中学校卒業〉

最後にどうしても書きたいことがあります。2年生の穴澤風雅。いつも部屋に行ったり、バカなことを一緒にやってくれてありがとう。俺には兄弟はいません。しかし、風雅は弟のような存在でした。これからも、風雅の「お兄ちゃん」でいたいと思います。本当にありがとう。楽しかったです。
 これからは、この只見で学んだことを活かして、自分の最大の夢に挑戦していきたいと思います。本当に、本当に3年間有難うございました。

要 雄一郎 くん

只見町山村教育留学生第12期生(平成28年3月卒業)
〈福島県 下郷町立下郷中学校卒業〉

中学生へ。只見町は他の市町村とは一味違うと思います。それは何かというと、人とコミュニケーションをとる上で必要である挨拶がしっかり出来、優しい人ばかりなので、常に心の落ち着く場所にいる感じがします。最近では、良いことと悪いこととの区別がつかない人たちが増えてきていますが、只見にいればそのように道を外れることはないので、是非只見町で青春を過ごしてください。

岡村 なつみ さん

只見町山村教育留学生第12期生(平成28年3月卒業)
〈千葉県 柏市立柏第五中学校卒業〉

私は、只見高校に入学したばかりの頃、春でも雪が残っていることや、自分の地元では考えられないほどの自然にとても驚きました。けれど、3年間過ごしてやっと慣れてきたところで卒業するのは少しさみしいです。3年間楽しく過ごしてくれたのは、只見町の温かい皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

猪股 楓真 くん

只見町山村教育留学生第12期生(平成28年3月卒業)
〈福島県 下郷町立下郷中学校卒業〉

中学生の皆さん、今はどの高校にするか迷っているかもしれません。他の人より早く親元を離れて生活したいと思っている人は、ぜひ只見町に来てください。自分自身とても成長したと3年後思える学校生活になると思います。勉強はとても大変ですが、これからの社会ではコミュニケーション能力が大切になってきます。そのため、人との関わりを大切にしていってください。

一ノ瀬 聖哉 くん

只見町山村教育留学生第12期生(平成28年3月卒業)
〈福島県 猪苗代町立吾妻中学校卒業〉

只見町は、地域の人たちがいい人たちばかりでとてもいいと思います。寮生活は自分でやらなければいけないことが多くありますが、絶対に将来役に立つので、頑張ってほしいです。

五十嵐 翔月 くん

只見町山村教育留学生第12期生(平成28年3月卒業)
〈福島県 猪苗代町立吾妻中学校卒業〉

親元を離れての生活はとても不安があると思いますが、寮の管理人さんや、只見の町民の方々とても優しく接してくれるので何の心配もありません。また、自然がとても豊かなので、他のところでは体験できないことも沢山あります。ぜひ只見で高校3年間を過ごしてみてください。

青野 宏樹 くん

只見町山村教育留学生第12期生(平成28年3月卒業)
〈千葉県 千葉市立打瀬中学校卒業〉

先輩への対応などをしっかりしていれば好かれるし、仲良くなることが出来ます。いい先輩はたくさんいると思うので、楽しい高校生活が送ることが出来るのではないかと思います。
また、僕はバスケ部です。もし、バスケ部に入部しようと考えている人は、会うことがあると思うので、よろしくお願いします。一対一の勝負を楽しみにしています。